先日、久々に領収書を発行する機会があったものの、元々発行する必要がない状況で領収書のみを郵送するのも面倒と思い、ネット上で領収書発行ができるイーレシート(EReceipt)というサービスを利用してみました。

使いやすくて便利なサービスでしたので、この機会にまとめてみます。

領収書を発行する機会と発行義務

領収書といっても普段必要のない方も多いので、実際の店舗ではない限り発行する機会は多くないのではと思います。

発行を求められる場合は、金額や商品・サービス内容が分かるものがほしいという経費処理目的でしょう。

実店舗の場合は頼まれれば発行することも多いかと思いますが、インターネット販売の場合は必要に応じてダウンロードみたいな店舗や、発行しないと明記してある店舗も多いです。

領収書に関連して、民法第486条に「弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。」と記載されています。

この条文自体は発行を強制するものではないく、発行を要求できる規定のため、商品売買時の広告(商品ページなど)での特約で「領収書を発行しない」と販売側が定めておけば、発行する義務はありません。

ただし、実店舗では現金決済も多いため、一般的には要求されればよほどのことがない限り伝票を発行してもらえますし、インターネット販売の場合でも任意で発行してくださったり勝手にダウンロードをしてくださいというサービスは増えてきています。

インターネット上にて取引をする場合、相手から直接お金を受け取ることは皆無なので、サービスの簡略化から領収書自体を発行しないと明記されている場合も多いと思われます。

その理由に関しては、インターネット上での取引の場合、クレジットカード会社や銀行等を経由して自身の口座へ入金されるため、それぞれ発行される利用明細や口座情報(振込明細)が現金を支払った領収書として機能するため不要とされています。

現金払いの際と、現金以外での支払いの場合を図に表すと以下のようになります。

このように直接現金を受領していない場合は領収書を発行する必要はありません。

発行すべき相手が違うというのが正しい表現と思います。

ただし、会社の方針で領収書を必要としている場合や、会社の経費向けの物品を個人のカード払いで購入したように考えられる場合には、領収書を発行しないと書いていても一方的に要求される場合も。

逆にいうと領収書を発行する必要はない場合においても、簡単な物でも領収証を発行すると商品が売れやすくなるといえるので、簡易に負担・手間なく領収書が発行できれば使った方がいい場合もあります!

そんな中イーレシートというサービスを見つけたので、実際に利用してみました!

スポンサーリンク

無料でURL通知でOKのwebサービス

ネットで無料で領収書が発行できるサービスとして、色々と探してみた結果、「イーレシート」というサービスが使いやすそうだったの実際に発行してみました。

以下の画面に必要情報を入力することで自動発行ができます。

会員登録を済ませると、次回以降発行者部分の情報入力が不要になるので、会員登録を行ってみました。

他にも会員登録することで、取り込んだ実際の印鑑を印字することも可能です。
社印を押して発行したい場合には便利な機能になっています。

個人の場合には、自動で印鑑を作成する機能もついているので、特に印鑑画像を作成しなくていい点も使いやすい点です。

続いてログイン後の発行画面より必要事項を入力して「領収書作成」をクリックすると領収書が発行されます。

発行が完了すると以下の画面が表示され、発行した内容の確認とダウンロード用のURLが確認できるようになっています!

相手にはこのURLをメールで通知することで発行作業完了となります。

実際先ほどの画像で入力した領収書は以下の通りです。

紙に手書きで発行するのと遜色なく利用できるので、相手が印刷しなければいけない場面を除けばとても便利に使用できます。

本来は不要なものではありますが、相手の名前(名称)、代金、但し書き(品物名および支払い方法(現金以外の場合))は正確に記載するというのはもちろんです。

支払い方法もできる限り書いておくと良いと思います。

また紙で発行しないメリットとして、収入印紙を貼らなくて済むため、高額な取引においても販売側が負担なく取引ができる点があげられると思います。

郵送不要で後日でも対応できる点も魅力の1つではないでしょうか。

今回は紹介しませんでしたが他にも無料で提供しているサービスはあると思うので、イーレシートに限らず便利に無料で領収書を発行することが可能です。

イーレシートまとめ

今回は機会があり無料のweb領収書発行サービスを利用する機会があったのでイーレシートというサービスを取り上げました。

本来不要ではあるものの、どうしても頼まれたときに活用できるので、手法を覚えておくと便利だと思います。

これで機能的には十分で他のサービスとは比較しませんが、こだわる方はいろいろ探して一番使いやすいものを利用してみてください!