2018年はメルカリなどのフリマアプリの台頭により、ヤフオク!側でもフリマアプリに似せるような制度改定が行われるなど、以前にもましてシステム改定の頻度が増えてきているように思います。

自身も毎日くじ、各種キャンペーンの影響もあり、ヤフオクで入札する頻度は以前よりも増えました。

一方で、かんたん決済のシステムが変更され、受け取り連絡機能や未着報告機能があることから安心感があったのですが、実は以前にも増しての厄介なトラブルも想定されるため、今回は自身の体験したトラブルをもとに、ヤフオクでの落札利用で気を付けてほしいことを紹介します。

落札側トラブルと未着報告の意味がない事例

これまで、個人間取引での落札側・購入側でのトラブルも紹介していますが、個人間の取引には思わぬリスクがあり、今現在でもAmazonや楽天に出店している事業者から買うよりも安心・安全・確実さは欠ける印象があります。

前回、実際に自身が体験した事例を元に出品側のトラブル事例を紹介させていただきました。 出品側で圧倒的に多いのは「落札後のキャンセル(取引未成立)」です。 https:/
メルカリ、ラクマは「スマホで簡単に売り買いできる」ため、「最短1分で出品できる」ため人気のフリマアプリで、自身も現在はヤフオク!がほぼすべてですが、一時期はメインの取引サイトのよう

相手側の不備が明らかな場合には、相手も最終的に認めて下さって何かしらの対応をとってくださる場合がありますが、解決するとしても時間を要してしまうため、巻き込まれると経験上あまり良いことがありません。

直近で自身がヤフオクで商品を買う側で巻き込まれたトラブルは以下のようなものです。
(落札側に発生原因のない事例:説明しやすくするため、一般化して記載)

項目 詳細
発生状況 出品者の認識違いにより、未使用の商品を提供予定のところ、使用開始後の大幅に価値が下がる商品が届いた
返品同意まで 一般的な出品形式・状態と価格との相関性を説明し、使用後の商品には落札価格ほどの価値がなく、説明等の表記により誤認させられた状態で購入してことを伝え、証拠となる出品ページ・落札相場を相手に伝えることで、しぶしぶ返品・返金にて同意いただく。
商品返送 同意後まもなく手続きを行い、出品者指定の方法で返送実施し、お支払い後より7日までに相手へ返送完了
金銭の授受 ⓪本来の商品未着として、誤商品受取後の受取連絡保留で相手と返品返金交渉開始
①発送済みだったためかんたん決済の返金機能は利用不可
②商品の代わりとして受取連絡前の返金完了を要求するも相手が拒否
③取引ナビ上で未着報告を行うも無効で、相手に14日経過で自動入金
④相手に入金されるタイミングで返金予定日を確認するも、私的利用すると着服宣告
⑤相手方の都合で、商品返送完了後1か月して返金完了
その他 被害状況を随時連絡掲示板・評価コメントへ反映するも、こちらの連絡を無視して出品継続&素早い報復評価有

簡単にいえば、いわゆる詐欺被害のような状況となっていました。

また虚偽内容による不当・報復評価、果てには商品代金を一時的にでも当方の意図しない用途に使われるといった散々な状況で、代金が返ってきただけマシだったという状況でした。

ポイントは説明と明らかに違う商品が届いて相手が同意の上で返品を行うケースであっても、一度何かしらの商品が到着してしまうと、取引ナビ上で未着報告を行っても、相手に入金が行われてしまう点です。

自身は受取連絡を行うまで相手には入金が行われず、また届かない場合には未着報告が適用されて返金を受けられるとばかり考えていましたが、メルカリやラクマなどのように届いた商品の状態についてトラブルがあっても取引相手への入金を阻止できるシステムとは違っていたことが、自身のミスの1つであり認識が間違っていた部分でした。

ヤフオク!の代金管理サービスの落とし穴

フリマアプリのサービスとは異なり、本来の商品が届いていないのに「何故」相手に入金されるのか被害にあった当初は疑問でした。

色々調べていると、ヤフオク!では以下のように扱われていること、ヤフオク関連の説明ページでわかりました。

代金管理サービス:未着の場合のみ有効

商品の不備の場合:当事者間での交渉で解決を行う(任意対応は出品者次第な側面有)

実はかんたん決済の説明ページにも、「落札者に商品が届くまで、ヤフオク!が代金を一度受け取ります。」とあるものの、「商品状態の不備によるトラブル」の場合については言及がないため、あくまでもYahoo!側は商品売買の場を提供しているだけという扱いになるようです。

一方でメルカリなどのフリマアプリの場合、代金管理システムの基本的な部分は同じですが、商品未着に加えて「商品状態の不備」の場合にも、相手への入金をストップできるのが大きな特徴です。

自身の失敗は、「商品状態の不備」の場合が未着に該当すると思い込んでいたことで、これまで以上に安心して落札できると思い、入札の基準を若干緩和していたところ思わぬ落とし穴にはまることになってしまいました。

スポンサーリンク

フリマアプリ以上に出品者の選別が重要

代金管理サービスが未着の場合のみ有効なヤフオクでは、入札における出品者の選別の重要性が高くなっています。

とりわけヤフオクでもサイト連携での匿名発送サービスが開始されたため、相手方がトラブル発生時に個人情報を開示したくないと言い出した場合、または個人情報が開示されずに取引できるからと積極的な対応を行わない・無視する場合、圧倒的に任意での交渉・返金返品要求時は落札者側が不利になります。

ゆえに個人的には、悪徳業者・個人出品者が、状態の悪い商品を実際より良く見せて売りつけ、その後売り逃げしやすくなってしまったような印象を受けます。

メルカリやラクマなどのフリマアプリで、代金管理サービスを介した取引に慣れている方を中心にとっては、相手が返品返金に応じてくださるであろうと考えていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうことになります。

最終的に状態の相違に関するトラブル解決は落札者の自己責任となってしまい、民事で争うにしても落札価格等に見合う費用対効果はあまり期待できないため、これらを避けるには、出品した商品を説明通り提供する出品者を選ぶことに加え、返品返金を確実に行ってくださる方を選ぶ必要が有ります。

自身の経験ですと、「お支払い期限&受け取り評価期限が1~2日と少ない(+発送まで4~7日と長い傾向)」、「返品を受ける条件が記載されていないのにノークレーム・ノーリターン記載有」といった設定・記載を行う出品者には注意が必要と感じています。

商品提供の対価としてお金を受け取るという考えではなく、「一度受け取ったお金は一切返しません」という考え方の出品者が存在するので、特に個人出品者から購入する場合には事業者(主にストア形式での出品者)から購入する場合以上に注意してください。

まとめ

現在のヤフオクの代金支払い管理サービスは、商品未着の防止には有効ですが、商品状態の相違(商品の発送間違い)には有効ではありません。

匿名発送サービス設定での出品利用も増えてきていることもあり、商品状態の相違が起こった場合には取引相手の対応次第でトラブルが無事に解決するかどうか、または解決のために要する費用・時間が大きく異なるため、事前に良い出品者を選ぶことがフリマアプリでの取引以上に求められます。

ここ最近のキャンペーンのおかげで、特に数千円~3万円前後の商品がお得に購入できる機会が増えてきていると思いますので、リスク・現状のシステムを理解したうえで、トラブル防止を考慮したうえでお買い物利用されることをお勧めします。