2017年11月2日より、Yahoo!JAPANカードで、年末までの期間どこで利用しても獲得できるポイントが2倍となる「年末どこでも2倍キャンペーン」が開催されています。

キャンペーン内容に基づき、お得に使うための注意点、お得な利用先について紹介します。

2017年末どこでも2倍キャンペーンの概要

現在されているキャンペーン内容について、前回分と比較しながら紹介します。

項目 2017年7月開催分 今回開催分
開催期間 7月12日~8月31日 11月2日~12月31日
ポイント倍率 3倍(+2倍) 2倍(+1倍)
特典上限 5000ポイント 2000ポイント
特典上限時決済額 25万円 20万円
ポイント種類 通常ポイント 通常ポイント
対象外の利用先 nanacoチャージ、ANAプリペイドカードのチャージ分など

過去の開催時には、ポイントが2~3倍、特典上限が5000ポイントというのが一般的だったのですが、今回は最大で2000ポイントまでと、付与されるポイントが若干少なくなってしまっています。

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)は常時1%の還元率があり、またnanacoチャージ時にポイント還元率が低下しないことから、メインカード・サブカードの両方の用途に需要があ

以前は2週間前後の短い期間で開催されることもありましたが、ここ3回分に関しては2~3カ月と、長期にわたって開催しています。

ここ最近の楽天カードの街での利用最大2倍キャンペーンの特典上限が、毎月1000ポイントまでになっているので、Yahoo!JAPANカードと楽天カードをうまく使いこなせば、11月、12月は毎月最大で20万円分まで還元率2%でお買い物をすることが可能です。

nanaco、ANAプリペイドへのチャージは対象外

基本的にはどこでも2倍なのですが、対象外となる利用先で注目すべきは、nanaco、ANAプリペイドカードへのクレジットカードチャージです。

Yahoo!JAPANカード(JCB)は、数少ないnanacoへのチャージでポイントが獲得できるカードで、2017年4月からのポイント3倍キャンペーン時にはnanaco、ANAプリペイドカードへのチャージが対象外ではなかったため、Yahoo!カード側の意図に反して収益につながらないnanaco、ANAプリペイドカードへのチャージに利用者が殺到したため、次回の開催時には対象外に設定されることになった模様です。

これまでポイントが2倍、3倍となった場合の利用先として、nanacoチャージが推奨できるおすすめの利用先でしたが、現在では利用できなくなっています。(現状はポイント1倍のままです)

類似する楽天カードでもnanacoへのチャージがポイント付与の対象外となってしまったため、キャンペーンを利用してnanaco払いでの還元率を高める方法は、今後難しいのではないかと思います。

楽天カードの活用法の1つに、JCBブランドでnanacoへチャージした際に、通常と同じ1%のポイントが獲得できるというものがありましたが、2017年9月20日に楽天カードHPに掲載

キャンペーンを開催するYahoo!カード側の意図は、「Yahoo!グループ以外での支払いにもYahoo!カードを使ってもらいたい」ということだと思うので、nanaco、ANAプリペイドカードへのチャージ以外のお得な利用先でカードを利用していく必要があります。

スポンサーリンク

街でのお買い物・楽天カードとともに

とりあえず、普段の街での買い物に利用すればどこでも2倍(2%還元)になるので、他のクレジットカードよりもお得に買い物ができます。

還元率の良いREXカードでも改悪の影響で1.25%還元になってしまっているので、少しでもお買い物での還元率を高めたい場合には、11~12月限定でもYahoo!JAPANカードを利用するとお得になります。

効果があるのが2か月で20万円までのお買い物までなので、高額な商品を買うとどこでも2倍となる範囲を超えてしまう場合もありますが、クリスマス・冬のボーナスシーズンでの利用にはもってこいのキャンペーンになっています。

20万円以上の支払い予定がある場合には、楽天カードの街での利用最大2倍キャンペーンを活用できれば、2か月間はYahoo!カードだけの場合の倍となる毎月20万円分まで還元率2%で買い物ができるので、併用することでよりお得な買い物が可能です。

ここ最近、ほぼ毎月の頻度で開催されている楽天カードのキャンペーンに、楽天市場などでの利用金額に応じて、街での利用が最大2%還元となるキャンペーンがあります。 単発のキャンペーンだ

またYahoo!JAPANカードで税金を支払う場合、ネット上でクレジットカード決済できる場合には、手数料を差し引いてもnanaco払いと変わらないか若干お得になるケースがあるので、キャンペーン開催時の税金支払いはnanacoを使わない方法もおすすめです。

nanaco以外での税金支払いに関しては以下の記事にまとめています。

nanacoへのクレジットカードからのチャージはポイントが付与されなくなる、あるいは還元率が低下する改悪が相次いでいます。 税金類の支払いをはじめ、納付書での支払いにもポイントが

Polletなどプリペイドカードへのチャージ

いくつかのプリペイドカードへのクレジットカードからのチャージに活用すれば、還元率を高められるケースがあります。

ANAプリペイドカードには(おそらくnanacoチャージに利用できるため)使えないものの、au walletやPolletなどのプリペイドカードへチャージする場合には、還元率を高めることができます。

au walletの場合にはMasterCardブランドに限定されますが、au wallet利用での0.5%還元が上乗せされ、あわせて2.5%還元が期待できます。

チャージの上限は10万円までになるので、高すぎない買い物であれば十分に活用可能です。

Polletの場合にはVISA、MasterCardブランドが利用でき、チャージ時に0.5%分のボーナスが後日加算されますが、1回のチャージに対し手数料が300円かかってきます。

最近乱立気味の電子マネーやプリペイドカードですが、2017年3月に新たにPollet(ポレット)というVISAプリペイド方式のカードが誕生しました。 ここ最近だと、LINE Pa

上限となる20万円を一括でチャージすると、チャージによるボーナス1000円-手数料300円=700円が余分に獲得できるので、合計で2.35%還元となります。

さらに上限の50万円分まで一括でチャージすると、20万円より増加する30万円分は形式的に1.5%還元(Pollet0.5%+カード1.0%)とみなせるので、店舗を中心に利用する場合にはお勧めです。

スポンサーリンク

楽天ペイ、dケータイ払いプラスへの活用

個人的に、クレジットカードでの支払いが2.0%還元になるメリットが一番あると考えているのが、本人認証サービスが必須となる楽天ペイやdケータイ払い+(JCB除く)に組み合わせるカードとして利用する方法です。

LINE Payの2.0%還元や、au wallet、Polletをクレジットカードチャージで利用する方法、あるいは楽天ポイントをキャンペーン時に交換した楽天Edyなど、還元率2%付近となる支払い方法はクレジットカード払い以外の方法でも実現可能です。

なので、還元率が3.0%であれば話は変わってきますが、還元率が2.0%になったところで、あまり優位性を感じられないといった場合もあるかと思います。

一方で、クレジットカードでしか支払えない場合、すなはち楽天ペイ、dケータイ払いプラス、セキュリティ管理の厳密な通販サイトなど、本人認証サービスの利用が義務付けられた支払いに利用する場合、今回のキャンペーンが最も効果を発揮するのではないかと思います。

楽天ペイ、dケータイ払いプラスはあまり利用する機会がないかもしれませんが、身近なところであればメルカリ(dケータイ払いプラスのみ)、フリルといったフリマアプリや、サンプル百貨店でも利用できるため、節約でお得に欲しいものを入手したいときにも活用可能です。

楽天ペイ、dケータイ払いは定期的にキャンペーンを実施しているなど、支払い方法によるポイント+クレジットカードのポイントの2重取りが可能で、単純なクレジットカード払いよりも大きくお得になる場合もあるので、さらにこういったポイント2倍、3倍キャンペーンを組み合わせて利用できれば、さらにお得にお買い物が可能となります。

使い勝手の良いオンライン決済サービスの1つに、楽天ペイ(オンライン決済)があります。 現在は様々な会社から決済サービスが提供されていますが、楽天以外のお買い物でもザクザクたまる楽
ネットショッピングでのお得な支払方法の1つである、dケータイ払いプラスのお得なキャンペーンならびにおすすめの利用法・利用先について紹介します。 毎月開催のd曜日5倍、10倍キ

保有するブランドでの差はあまりありませんが、dケータイ払いプラスやau walletなどのプリペイドカードとの組み合わせも踏まえて、カードブランドを選択すると良いでしょう。

nanacoチャージの関係で、JCBが推奨されている場合もありますが、個人的には普段nanaco払いをしなくなったこともあり、VISAまたはMasterでの保有がおすすめです。

まとめ

キャンペーン期間中は普段の利用先、プリペイドカードへのチャージでもお得に利用でき、楽天カードのキャンペーンも組み合わせることができれば、年末までの2か月間は2%還元での買い物が毎月平均20万円分・合計40万円まで可能となります。

優位性があるのは、本人認証サービスが必要となる楽天ペイ、dケータイ払いプラスと組み合わせて利用することで、還元率の高さも含めて代替できる支払い手段がないため、キャンペーンのメリットが一番大きくなることから、キャンペーン時には優先して楽天ペイ、dケータイ払いプラスに利用するのがおすすめです。