すでにキャンペーン期間も半分を過ぎていますが、2018年もdポイントの25%増量キャンペーンが開催中です。

自身も、この機会に保有する各種ポイントを消化するために、dポイントの使い道も含めて調べましたので紹介します。

dポイント25%増量キャンペーンの概要

かんたんに説明すると、対象期間中に対象企業・サービスのポイントを交換すると、通常の交換レートに対してdポイントが25%増しで獲得できるというものです。

一例を用いて紹介すると、通常は各種ポイントの8000円相当分⇒8000dポイント(8000円分)が獲得できるところ、25%増しで10000dポイント(10000円分)が獲得できることになります。

単純にお得なのは説明不要ですが、割引として考えると1万円のものを実質8000円で購入できることになるので、dポイントでのお買い物が全品2割引きになるキャンペーンと言い換えることができます。

今回は多数あるのですべての企業の記載は省略しますが、クレジットカード会社や銀行のポイント交換が主な対象となっており、自身の保有するカードですと、イオンカード、ライフカード、オリコ・ザ・ポイントカード、セゾンカード、P-one Wizが対象となっていました。

お得な利用先はラクマでのd払い

いくら全品2割引きで買えるといっても、ローソンのような定価販売が基本的な店舗でのお買い物、d払いのセールなどで同等の割引率となるポイント還元キャンペーンを実施されている店舗・サイトでの利用の場合、ポイント25%増量・2割引の効果を文字通り受けることはできません。

また、dポイントにもTポイントにも交換できるオリコ・ザ・ポイントカードのようなクレジットカードの場合、ポイントが1.5倍相当となる毎月20日でのウェルシアのTポイント利用の方がお得になることが多いですし、dポイントに交換するメリットがそもそもない場合もあります。

ゆえに、お得に利用するには、割引価格やセール対象とならない商品の購入にポイントを利用する必要があります。

割引価格の面から考えると、楽天市場でお買い物マラソン×SPUプログラムを活用すれば、10万円を超えるような高額商品でもない限り、2割引きで購入することは達成できてしまうので、楽天市場などショッピングサイト上で買えてしまうものであれば、上記制度を活用すれば同等の価格で入手出来てしまうことになり、メリットが薄れてしまいます。(もちろん、d払いのセール期間外にもセール価格で購入できるメリットはあります。)

一方で、お買い物マラソンのポイントアップ対象外商品である切手・商品券などの金券類の商品購入に利用できれば、常時ポイント25%増量のメリットを大きく受けることが可能です。

dポイント(d払い)で切手・商品券が買える加盟店は、現在ではラクマでの切手・株主優待券などでのd払いのみとなっています。

ラクマで頻繁に配布されている5%OFFクーポンなどもうまく活用すると、20%を超える割引率で切手や株主優待券が手に入ります。

この割引率での入手は、金券ショップなどでの買取側に回らない限り実現が困難なので、お得な入手方法ということができます。

2017年6月からの郵便料改定に伴い、定形外やゆうメールの大型郵便は値上がりします。 上昇分を打ち消すのは難しいですが、定形外郵便やゆうメール、ゆうパック等の料金を節約するた

Tポイント交換とdポイント25%増量交換の比較

自身は普段カード会社のポイントをできる限りTポイントに交換し、最終的にウェルシアでビールをお得に購入しています。

Tポイントへ交換する場合、dポイント25%増量で交換する場合、どちらが安く購入できるか比較してみます。(アサヒスーパードライ350ml・24缶入り1ケースあたりの価格で比較)

Tポイントの場合、ウェルシアの毎月20日・お客様感謝デーでのTポイント利用で、1ポイントを1.5円相当として利用でき、多少地域によっての価格差があると思いますが、1ケース4633円で入手ができるので、実質価格は3089円となります。

ネットショッピングやクレジットカード決済をすると様々なポイントが獲得できますが、意外と獲得でき、うまく使いこなせば節約にもつながります。 今回はTポイント(通常ポイント)に着目し

一方でdポイントを利用する場合、そのままdポイント加盟店やコンビニなどで購入すると、2割引きにしかなりませんし、ウェルシアより割高なコンビニ価格をベースに考えると1000円近く差が生じてしまいます。

ゆえに、dショッピングデーでのポイント利用で20%還元が受けられるキャンペーンを前提に考えます。

dショッピングでは現在、やまやで1ケース当たり4930円で購入可能です。

dショッピングデーのポイント利用分20%還元は、ポイントのみ利用する場合2割引きとなるので、4930円から2割引きが2回適用されると考えて、実質価格は3155円となります。

ゆえにdショッピングデーでの購入を前提に考えると、Tポイントに匹敵するお得さがあると考えることもできますので、最終的に切手へ交換しなくても、普段よりお得に購入できてしまう商品も存在します。

Tポイントへの交換でお得に購入できる商品は、ウェルシアで販売されている商品に限られてしまうので、dポイントのポイント増量キャンペーンの有無や購入したい商品に合わせて交換先を切り替えるという使い方もおすすめです。

まとめ

dポイントのポイント25%増量キャンペーンは、交換したdポイントを使用したお買い物が全品20%割引になる効果と言い換えることができますが、d払いのキャンペーン等でも同様の効果が期待できるため、常にメリットがあるのはラクマで切手類・株主優待券などをd払いで購入する場合になります。

切手以外の商品では、セール期間外にもセールと同じような価格で購入できるメリットがあり、dショッピングデーでのビール購入を考えると、Tポイントへ交換するのと同等の値段で購入できる場合もあり、とてもお得なキャンペーンになっています。